本文へスキップ

テレマークスキーレッスンと入笠山スキー散歩

里山テレマークスキー倶楽部

  /里山のコラムページです 

テレマークスキーをやってて良かったことは?



テレマークスキーで良かった!と思ったことはありますか?
やってて良かった!と思うのはどんな時ですか?


こんな質問をテレマーカーの皆様に投げかけたら、いろいろな答えが出てきましたので、
ご紹介させていただきます。



まず第一は...

■ とにかく、ゲレンデで目立ちます!


やっぱり、テレマークスキーは、普通のスキーやスノーボードと比べると、圧倒的に少数派ですので、ゲレンデでは間違いなく目立てます!

逆に山ではテレマークの方が多かったりもするんですけどね。
そしていろいろな人から声をかけられます。

定番は、「スキーのカカト、壊れてませんか?」



富士見パノラマではリフト係りの皆様からも声をかけられますよ。



■パウダー(深雪)の中で止まってしまっても、すぐに抜け出せました!

常にカカトが上がりますので、止まってしまってもすぐに歩き出せます。
板を外したりしなくてもいいんです!
スノーボードの皆様からは、思いっきり、羨ましがられますよ。


■ 浮遊感を5割増しで味わえます!


パウダー(深雪)の中での浮遊感はハンパないです。
なんと言っても、カカトが固定されていませんので、最初から”ふわふわ”感を味わえます。
そのうえで、3Dで楽しめる深雪に入ったら...  もう帰ってこれなくなりますね。



■ 平地ではお喋りしながら歩けます。



平地なら特にシールをつけなくても普通に歩けます。
普通のスキーでも歩けないことはないですが、皆さん無言になりますよね。
テレマークの場合は、普通にお喋りしながら歩いていけますよ。



■ 
ツリーランが楽しくなります



移動が苦にならなくなるので、森の中にもどんどん入っていけます。
”やぶこぎ”もあり、って思えるようになったら、雪さえあれば、どこでもスノーフィールドです。


■ スキーシーズンが長〜くなりました!



すると、これまでゲレンデが終わったらシーズンオフだったのが、自分の行きたいフィールドの雪がなくなるまでがスキーシーズンになります。
春のツアーシーズンには、山歩きとスキーが一緒に楽しめますよ!

そう、テレマークスキーは、”バックカントリーへの近道” なんです。






もちろん、これ以外にもあると思います。  
皆様も、日頃感じている思いを、ぜひお寄せください!  
逐次追加していきます。  

→ コラムページ・トップに戻る 



バナースペース

里山テレマークスキー倶楽部

講習ゲレンデ
 富士見パノラマリゾート
 長野県諏訪郡富士見町


事務所
 山梨県山梨市下石森

TEL 090-8800-4993