本文へスキップ

テレマークスキーレッスンと入笠山スキー散歩

里山テレマークスキー倶楽部

 書置き/里山のコラムページです 

テレマークスキーレッスン

→ コラムページ・トップに戻る

■連続したターンのエッジの切り替え編

                        テレマーク姿勢については前のページもご覧ください。
                              → テレマーク姿勢をとってみましょう
                      


テレマーク姿勢でバランスがとれるようになった、次は連続のターンをしてみましょう。
この項では、テレマークターンとテレマークターンの切り替えについて、解説していきます。

   ターンの切り替えでは体軸を斜面に垂直に 
        / 雪面に対して板をフラットに
   

スキーには板の両サイドにエッジがついています。このエッジを左右使い分けてターンをすることには、テレマークスキーもなんらかわりがありません。そのために、エッジの切り替わる瞬間は、確実に斜面に垂直に立って、スキー板を雪面に対してフラットにする必要があります。これにより次のターンのエッジングをはじめることができます。


ターン後半の山回り


切り替え(ニュートラル)


次の谷回りが始まる
横方向のエッジの切り替えはテレマークスキーも普通のスキーも全く同じです。

しかし、両スキーの山側のエッジが外れて雪面にフラットになる前に、図のように、次の山足(外スキー)を動かしてしまうとプルークと同じ状態になり、テレマーク姿勢の場合は両スキーが交差して板を踏んでしまうことになります。
これを避けるために、山足の次に谷足も踏み換えたり、ジャンプして切り替えてみたりと、どんどん余計な動作が増えていってしまいます。これらにより、切り替え時に足元を見る癖がついてしまう人も少なくありません。
まずはシンプルに、斜面に垂直方向に体軸を傾けてから、山足を出す、もしくは外足のかかとに体重をかけていってください。斜面に垂直方向というのはフォールライン方向に飛び込むような感覚です。最初は少し怖いと感じると思いますが、徐々に緩斜面から慣らしていってください。慣れてきたら、できるだけ伸び上がらずに、腰の横方向への移動でエッジを切り替えることも試してみてください。

ここが理解できるのとできないのでは、この後のターンの楽しさが雲泥の差になっていきますので、ぜひとも体が納得するまで、じっくりと取り組んでみてください。
なお、この部分は普通のスキーと共通です。スキーで理解されている方はテレマークスキーでもすぐに出来ると思います。





次は、前後の動きでの切り替えです。 → 前後の動きとターンの切り替え編
 


→ コラムページ・トップに戻る

バナースペース

里山テレマークスキー倶楽部

講習ゲレンデ
 富士見パノラマリゾート
 長野県諏訪郡富士見町


事務所
 山梨県山梨市下石森

TEL 090-8800-4993